セリーヌが新宿・大阪・札幌に国内初のウィメンズ限定ストア – 限定バッグやホーム雑貨、香水など幅広く

セリーヌ日本初のウィメンズ限定ストアが東京・大阪・札幌に出店

※伊勢丹新宿店での様子

セリーヌのウィメンズ日本初となる限定ストアでは、パリ・サントノーレ通にある「セリーヌ オートパフューマリー ブティック」が再現される。

アヴァ スムースカーフスキン(W23×H13.5×D6.5cm) 各195,000円+税
※伊勢丹新宿店での様子

エレガントな店内では、限定のアイテムをはじめ、セリーヌ のライフスタイルプロダクトライン「メゾン セリーヌ」、パフューム「セリーヌ オートパフューマリーコレクション」、厳選されたスモールレザーグッズなどを展開する。

「トリオンフ キャンバス」に限定”ホワイト”ボストンバッグ

トリオンフ キャンバス ホワイト(ショルダーストラップ付)(W31×H20×D17cm) 195,000円+税
<「メゾン セリーヌ ポップアップ ストア」限定商品>
※伊勢丹新宿店での様子

先行販売アイテムとして、2019年冬コレクションで発表されてから人気を博す「トリオンフ キャンバス」シリーズより「トリオンフ キャンバス ホワイト」が登場する。その中でもボストンバッグは、今回の限定ストアでしか手に入らないアイテムだ。

エレガントかつヴィンテージな雰囲気が魅力、“ホワイト”のトリオンフ キャンバス

※伊勢丹新宿店での様子

CELINEバッグ偽物

パリの凱旋門のチェーンから着想した「トリオンフ」モチーフは、アーカイブのモノグラムキャンバスをエディ・スリマンが再解釈したものだ。

限定モデルは、オフホワイトをベースとし、ディテールに明るいブラウンを採用することでクリーンでエレガントな佇まいに仕上げた。あえて陰影がでるようにプリントされた「トリオンフ」モチーフは、ヴィンテージライクな魅力も持ち合わせている。

※伊勢丹新宿店での様子

また、素材には、トラベルバッグに使われていたコーティングキャンバスを採用し、耐久性と軽さの両方を実現した。

新作バッグも目白押し

ティーン トリオンフ パニエ / ラフィア & カーフスキン(19×20×10cm) 69,000円+税
※伊勢丹新宿店での様子

新作バッグとして、2021年サマーコレクションから展開されるヴィンテージ感の漂う三日月型バッグ「アヴァ」が登場。さらに、アイコンバッグ「16(セーズ)」やラフィアバッグの新色“ピンク”がラインナップする。

ライフスタイルを華やかにする「メゾン セリーヌ」

パフュームケース(H17.5×W8.5×D8.5cm) 130,000円+税
※伊勢丹新宿店での様子

もうひとつ注目したいのが、現在表参道店でしか手に入らないライフスタイルに特化した「メゾン セリーヌ」のラインナップ。店頭では、ホーム・トラベルアクセサリーやパフュームケースなどを展開する。

出典:https://www.fashion-press.net/news/65954

最も珍しい現代ロレックスは、5つしかないです

22日、蘇富比オークションは4月の香港競売会で珍しいロレックス迪通のRef.116516を販売すると公式サイトInsアカウントで予告しました。ロレックスの命名規則によると、型番の末尾の数字はケースの材質を表し、「6」はプラチナです。

ロレックスプラチナテスターは今は珍しくないですが、珍しいタイプです。先代で真力を採用した時のムーブメントのプラチナ・ディントナは、Ref.6516が2018年に公開されるまでは「伝説級」の存在でした。

ロレックス デイトナ 偽物

スマートピー時計部門の担当者、サム・ヘンツ氏によると、5つだけがPt 950プラチナを使ってケースを作っているという。これはもともとロレックスの元最高経営責任者であるPatrick Heinigerが注文したものです。その中の4つは友達と同僚、パートナーにあげます。彼は自分で一枚を残しました。

前に2つのブロックが公開されていますが、最初は真珠の母貝の盤面のRef.6516です。ロレックス最高経営責任者のHeinigerが1999年にFrancsca GobbiとRomain Sardouに贈った結婚プレゼントで、ケースの裏には当時の記念彫刻がまだ残っています。女性のGobbiの後ろの家族はGobbi 1842を持っています。これは有名なミラノの腕時計店で、19世紀のイタリアに誕生しました。

2018年に落札され、最後の取引価格は人民元600万元で、当時最も高かった現代ロレックスのモデルです。

二番目に登場したRef.6516は天然ラピスラズリの文字盤を採用して、2020年7月に2290万人民元のオークションが行われました。当時最も高価だった現代ロレックスの歴史オークションの記録も更新されました。

面白いのはこの三つのRef.116516は全部採用した特殊な文字盤で、一つの真珠貝母、一つの青金石、そしてこのSteellaはそれぞれ違っています。

ロレックスは1970年代から80年代にかけて一つの技術を使いました。カラーペンキを先に銅基板に覆い、その後何度も繁雑にして、最後にペンキを塗って磨きました。ワニスは半透明なので、光の下にきらきらとした透明感があり、伝統的なエナメル盤のようです。ロレックスはこのような技術をDay-Dateシリーズに大量に使って、色とりどりの各種のデザインを発表しました。このペンキのサプライヤーは「Steella」と呼ばれていますが、この後は自分だけの名前である「Steella dial」もあります。

2020年、ロレックスはこの「Steella dial」の技術をブランドの最も入門したシリーズ「牡蠣式恒動」に適用し、31、36、41ミリのサイズ、黄赤緑青粉の5色を発売しました。最も入門したシリーズですが、公価が高くないため、スポーツの人気があまり高くないです。逆に新商品のOPは二級市場の価格を刺激しました。

今年は牡蠣式恒動のSteella火災で、ティファニー色はプレミアムが一番高くて、36 mmのバージョンは43400元で、二級市場は三万円ぐらいです。