プロフェッショナルなビジネスウェアで夏のオフィススタイル

夏季のオフィスで活躍するプロフェッショナルなビジネスウェアの紹介

「ヴァレクストラ」CEOが語る 伊勢丹ザ・ステージをスモークに包んだ理由

ミラノ発レザーグッズブランド「ヴァレクストラ(VALEXTRA)」のポップアップイベント「ヴァレクストラ メトロポリス」が4月に伊勢丹新宿本店ザ・ステージで開催され、このイベントのためにサラ・フェレロ(Sara Ferrero)=ヴァレクストラ最高経営責任者(CEO)が来日した。彼女とは、4月前半にミラノで開催されたデザインの祭典「ミラノサローネ2019(MILANO SALONE以下、サローネ)」で会ったばかりだ。「サローネ」では、イギリス人建築家のジョン・ポーソン(John Pawson)がリニューアルを手掛けたミラノ本店を披露した。フェレロCEOは「東京でポップアップがスタートするから、それに合わせて家族と来日し、富士山や京都にも行くつもり」と興奮した表情で話していた。

フェレロCEOが「ヴァレクストラ」CEOに就任したのは2015年。それ以降、売り上げが就任当時の4倍になったという。彼女は大学でビジネスを学んだ後にMBAを取得し、金融コンサルティング企業のマッキンゼーでキャリアをスタート。その後、「フルラ(FURLA)」や「ジョゼフ(JOSEPH)」などで要職を務めたということで、彼女の経営手腕はもちろんのこと、ブランディングに効果的なコラボなどの人選やネットワークづくりもさすがだ。

昨年は、ミラノ本店のインスタレーションを手掛けた隈研吾との数時間のミーティングのためだけに来日するなど必要であればトンボ返りでも自ら現地に足を運ぶ。ブランドに対する情熱も相当なものだ。ブランドを発信するために協業するアーティストや建築家の選定も自ら行い、直接交渉する。選定するクリエイターもポーソンや隈のような大物から、気鋭のイギリス人若手アーティストのベサン・ローラ・ウッド(Bethan Laure Wood)までそうそうたる面々だ。CEOであり、妻であり、2児の母でもある彼女に、ポップアップやコラボレーションなどについて話を聞いた。

今回のポップアップショップのコンセプトは?

ジャコモ・ムーア(Giacomo Moore)の家具やニューヨークの蜃気楼がイメージソース。それをもとにムードボードを作ったの。蜃気楼と雲のシュールな空間にしたかった。バッグのシリーズごとに展示を区分けしているから、街を歩いているような感覚でショップを楽しんでもらいたい。あくまでも主役はバッグだけど。

WWD:今回は“セリエ エス”やスニーカーも登場したが?

“セリエ エス(SERIES)”は1960~70年代のイタリアのデザインを象徴した有機的でフェミニンなラインが特徴。当時は「オリベッティ(OLIVETTI)」のタイプライターなど全てが丸みを帯びたデザインだった。バッグの脇にはまるでえくぼのようなくぼみがあるのもポイントよ。スニーカーはミラノとロンドン、北京、東京で販売する。防弾チョッキに使用される丈夫な素材を使用した“ケイ ヴァル”バッグは日本限定で、仕事やジム用、旅行といろいろな用途があるから重宝すると思うわ。

下からスモークが出てきたが?

雲の雰囲気が出るでしょう。スモークがこのポップアップを特別なものにしてくれる。通常、この場所でスモークを使うことはできないけど、伊勢丹新宿本店は特例をつくってくれた。本当に感謝しているわ。これから店頭で、来てくれた日本人とコミュニケーションをとるつもり。とてもワクワクしているわ。日本人がどのような形や色を好むか理解したいから。

ずいぶん凝ったセットだが?

イタリアで制作して日本に送った。この設営は今朝3時から取り掛かって6時に完成したわ。商品のストックが置ける棚もあるしシートもある。ザ・ステージの場所は人通りが多いから、その喧噪を忘れるような快適な空間にしたつもりよ。女性だからついついいろんなことを考えて、期間限定のブティックでも“収納”や“シート”などと欲張りになるのよね。

ザ・ステージ終了後はどうするか?

再利用するつもりよ。海外の別の百貨店で使うかもしれないし、アレンジしてオフィスで使うかもしれない。昨年のミラノ本店の隈氏のインスタレーションだって、50%以上をアーティストや友人に販売したわ。テーブルの30%はオフィスで使用している。残りはアーカイブとして残したり、アップサイクルしたりして使うつもり。

販売する理由は?

無償で提供したらありがたみが分からないじゃない。とにかく、インスタレーションなどに使用した全てのものは、販売するか再利用して無駄にはしない。

「ヴァレクストラ」のフィロソフィーは?

1937年に設立されたブランドで、高品質でタイムレスであること。あと、カラフルで洗練されている点。50年代にデザインされたバッグが今でもベストセラーよ。半年ごとに替わるようなバッグじゃないの。毎日使えるし、長年使える。だから投資しても、毎シーズンバッグを買い替えるよりはずっといい。新商品に関してもタイムレスでずっと使えるものでなければならない。だから、シーズンごとに新作を出したりしない。じっくりとそのコンセプトに合っているかどうかを考えた上で、出せる時に出すというスタンスよ。

多くのラグジュアリーブランドとどのように戦うか?

「ヴァレクストラ」がどのようなブランドか、どのような価値があるのか、なぜ「ヴァレクストラ」なのかという点をいろいろな方法を使って伝えていくしかない。「ヴァレクストラ」がクリエイティブなブランドであることは気付いてもらえている。これからは、いろいろなストーリーを通じて、顧客予備軍にファンになってもらいたい。「ヴァレクストラ」は持つ人を引き立ててくれるバッグよ。主張せずにその人のスタイルを完成させる、それが「ヴァレクストラ」のバッグなの。


コメ兵がAIで高級ブランド製品の真贋判定 フリマアプリなど外部にも提供検討

リユース大手のコメ兵は、AI(人工知能)を活用し、高級ブランドの真贋を判定する。すでに自社でソフトウエアを開発、現在試験的に「ルイ・ヴィトン」の判定を行っており、真贋正答率は97%に達しているという。今春にも店頭でのテスト導入し、いずれは全店舗に広げる考え。開発を担った山内祐也・執行役員事業開発部長に直撃した。

製品の複数箇所をマイクロスコープで撮影、その情報をクラウドに上げて独自に開発したAIが分析する。現在検査しているのは「ルイ・ヴィトン」のみだが、真贋の正答率は97%。今後は99%を目指している。

実用化はいつになるのか?

今春にも一部の店舗にテスト導入する。ブランドも「エルメス(HERMES)」「グッチ(GUCCI)」「シャネル(CHANEL)」「プラダ(PRADA)」などに広げる。半年ほどのテスト導入を経て、導入のスピード感などは未定だが、いずれは全国の「コメ兵」全35店舗に導入する予定だ。

AI導入の背景は?

3つある。1つ目が非常に優秀なエンジニアを幸いにもチームに迎い入れられたこと。2つ目は当社の真贋の“匠”の存在、3つ目が豊富な商品データを当社が持っていることだ。コメ兵は年間140万点の商品を扱っており、買い取り後に全商品を名古屋市内で検品・判定を行う商品センターに一度集約している。この物流拠点でAI判定に使うデータのための撮影などを行っており、そのことが精度の高さにつながっている。

また、昨今は人気の高級ブランドでは偽物のクオリティが非常に上がっている。当社は真贋を見極める目利きなどで5重のチェック体制を敷いているが、いずれはプロでも人の目だけでは見抜けない製品も出てくる可能性がある。今回AIなどの最新テクノロジーを導入することで、素材のテキスタイルやパーツそのものを判定できるようにもなった。仮に見た目や触感は一緒でも、実はテキスタイルの組織や糸が違えば真贋を判定できる。極端に言えば、糸一本でも本物と違うものが使われていれば、真贋を判定できる。このAI判定を機に、“リユーステック”という新しい概念を提唱したい。

“リユーステック”とは?

フリマアプリ「メルカリ」を筆頭に、リユース市場は拡大しつつ、これまでよりさらに身近な存在になるなど新たな局面も迎えている。商品のフィジカルな物流とテクノロジーを組み合わせることで、リユース市場をより活性化できる手応えを感じている。今回のAI判定は当社だけの活用にとどまらず、「メルカリ」などの、実際にはフィジカルな真贋判定の難しい外部のECプラットフォームへの提供も検討している。ECプラットフォームも独自のテクノロジーを活用し、真贋判定の開発を行っていると見られ、そうした多種多様な技術を“リユーステック”と定義することで、企業や業界の枠を超えた交流や連携を目指したい。


ハンドバッグ19春夏レディース、人気ブランドの新作レザーバッグやミニバッグ

人気ブランドから登場する2019年春夏コレクションの新作レディースハンドバッグを特集。有名ブランドがメゾンのアイコンとして発売するレザーハンドバッグや、ショルダーストラップが付属するミニハンドバッグなど、おすすめの新作をまとめた。
人気ブランドの2019春夏ハンドバッグをチェック
<セリーヌ>エディ・スリマン手掛ける初のアイコンバッグ「16(セーズ)」
16(セーズ) ミディアム 51,0000円
エディ・スリマンが手掛ける新生セリーヌ(CELINE)のシンボルであるハンドバッグ「16(セーズ)」。デザインはセリーヌのアーカイブバッグに着想を得て、クロップド・フラップや丸みを帯びたシルエット、特徴的なベルト使いといった60年代のディテールを採用している。
価格:16(セーズ) ミディアム 510,000円
inRead invented by Teads
<ディオール>”カスタマイズ”できる「レディ ディオール」
バッグ 400,000円+税
ディオール(DIOR)から誕生する、自分好みのイニシャルやモチーフでカスタマイズできる新作「My ABCDior」に、アイコンバッグの「レディ ディオール」がラインナップ。メゾンを象徴するカナージュステッチが印象的なハンドバッグだ。付属するショルダーストラップに、アルファベットなどのパーツを通すことで、自分だけのバッグが完成する。
価格:「My ABCDior」レディ ディオール 400,000円+税
<ディオール>“カレイドスコープ(万華鏡)”モチーフの「レディ ディオール」
バッグ「レディ ディオール」450,000円+税
ストラップ 115,000円+税
ディオール(DIOR)には、“カレイドスコープ(万華鏡)”モチーフの「レディ ディオール」も。タイダイ模様で表現した万華鏡モチーフは、まるで増殖する抽象的な花束のように美しい。デニム地に加え、スポーティーな魅力を放つショルダーストラップが、カジュアルな印象をプラスしている。
価格:バッグ「レディ ディオール」450,000円+税、ストラップ 115,000円+税
<カルティエ>ジュエリーボックス着想のレザーバッグ「ガーランド ドゥ カルティエ」
ガーランド ドゥ カルティエ SM レッド 326,700円(税込)
Maxime Govet (C) Cartier
カルティエ(Cartier)の新作ハンドバッグ「ガーランド ドゥ カルティエ」は、メゾンを象徴するジュエリーボックスをモチーフにしたもの。カーフスキンに「フラワー ガーランド」あるいは「パピヨン」と呼ばれるゴールドの花綱飾りをあしらっている。取り外し可能なレザーストラップも付属しており、ショルダーバッグとしても使うことができる。
価格:ガーランド ドゥ カルティエ SM レッド 326,700円(税込)
<バーバリー>”TB”エンボスを施した新作「ベルトバッグ」
バーバリー(BURBERRY)を代表するレディースハンドバッグ「ベルトバッグ」の新作は、ブラックレザーにバーバリーの創始者であるトーマス・バーバリーのイニシャル“TB”をエンボス加工。ちらりと覗く真っ赤なライニングと、ベルトに輝くゴールドがディテールが、エッジィなムードを演出している。
価格:スモール モノグラムレザー トリプルスタッズ ベルトバッグ 259,200円
<ジバンシィ>”鞭”に着想した新作ハンドバッグ「ウィップ」 <ジバンシィ>”鞭”に着想した新作ハンドバッグ「ウィップ」
ジバンシィ(Givenchy)の新作ハンドバッグ「ウィップ」は、伝統的な鞭(ムチ)の製作過程にインスピレーションを得たもの。熟練の職人技術により、鞭の組み紐や結び目に着想したハンドルやタッセルを取り入れている。ランウェイで提案されているように、盾のように体に密着させて持つのがおすすめだ。
価格:
・ラージ 290,000円~ (L34×W13.5×H25.5)
・ミディアム 265,000円~ (L30.5×W8×H22)
・スモール 235,000円~ (L25×W6×H18)
<クロエ>”C金具”がポイントの新作ミニバッグ「クロエ C」
168,480円(税込)
クロエ(Chloé)では、コンパクトなボディに大胆なCの金具をあしらった新アイコンバッグ「クロエ C」のミニサイズが登場。ボディとハンドルをホワイトで纏めた上品なモデルは、滑らかなカーフスキンとスエードのコントラストを楽しむことができる。ショルダーバッグとしてもクロスボディバッグとしても使えるように、調整と取り外しが可能なレザーストラップが付属しているのも嬉しい。
価格:168,480円(税込)
<ミュウミュウ>遊び心溢れるミュウミュウロゴのハンドバッグ
左から) ハンドバッグ レッド、ブラック 各161,000円+税
ミュウミュウ(MIU MIU)では、パリのデザインユニット「エムエムパリス」とのコラボレーションによるロゴモチームアイテムに、ハンドバッグが登場。ミュウミュウロゴをジャカード素材にプリントしたバッグは、上品ながらも遊び心溢れるデザイン。無地のハンドルやポケットが、程よいアクセントを添えている。
価格:ハンドバッグ 161,000円+税
<コーチ>デニムに花モチーフを組み合わせた新作ハンドバッグ
デニム カラーブロック Dreamer 21 55,000円
デニム ティーローズ Dreamer 60,000円
コーチ(COACH)の新作「デニム コレクション」では、アイコンバッグ「ドリーマー」を展開。異なるデニムを組み合わせたカラーブロックデザインと、手作業であしらったフラワーモチーフ”ティーローズ”が特徴だ。
価格:デニム ティーローズ Dreamer 60,000円
<マイケル マイケル・コース>MKロゴを配したブラウンレザーハンドバッグ「グラマシー」
グラマシー 55,000円+税
マイケル マイケル・コース(MICHAEL Michael Kors)の「グラマシー」は、ラグジュアリーで上品なシルエットのハンドバッグ。新作はブラウンレザーに「MK」のシグネチャーを総柄であしらったボディに、ゴールドに輝くロックチャームを添えた。かっちりとしたトップハンドルだけでなく、調節可能なショルダーストラップも備えている。