Menu
0 Comments

22日、蘇富比オークションは4月の香港競売会で珍しいロレックス迪通のRef.116516を販売すると公式サイトInsアカウントで予告しました。ロレックスの命名規則によると、型番の末尾の数字はケースの材質を表し、「6」はプラチナです。

ロレックスプラチナテスターは今は珍しくないですが、珍しいタイプです。先代で真力を採用した時のムーブメントのプラチナ・ディントナは、Ref.6516が2018年に公開されるまでは「伝説級」の存在でした。

ロレックス デイトナ 偽物

スマートピー時計部門の担当者、サム・ヘンツ氏によると、5つだけがPt 950プラチナを使ってケースを作っているという。これはもともとロレックスの元最高経営責任者であるPatrick Heinigerが注文したものです。その中の4つは友達と同僚、パートナーにあげます。彼は自分で一枚を残しました。

前に2つのブロックが公開されていますが、最初は真珠の母貝の盤面のRef.6516です。ロレックス最高経営責任者のHeinigerが1999年にFrancsca GobbiとRomain Sardouに贈った結婚プレゼントで、ケースの裏には当時の記念彫刻がまだ残っています。女性のGobbiの後ろの家族はGobbi 1842を持っています。これは有名なミラノの腕時計店で、19世紀のイタリアに誕生しました。

2018年に落札され、最後の取引価格は人民元600万元で、当時最も高かった現代ロレックスのモデルです。

二番目に登場したRef.6516は天然ラピスラズリの文字盤を採用して、2020年7月に2290万人民元のオークションが行われました。当時最も高価だった現代ロレックスの歴史オークションの記録も更新されました。

面白いのはこの三つのRef.116516は全部採用した特殊な文字盤で、一つの真珠貝母、一つの青金石、そしてこのSteellaはそれぞれ違っています。

ロレックスは1970年代から80年代にかけて一つの技術を使いました。カラーペンキを先に銅基板に覆い、その後何度も繁雑にして、最後にペンキを塗って磨きました。ワニスは半透明なので、光の下にきらきらとした透明感があり、伝統的なエナメル盤のようです。ロレックスはこのような技術をDay-Dateシリーズに大量に使って、色とりどりの各種のデザインを発表しました。このペンキのサプライヤーは「Steella」と呼ばれていますが、この後は自分だけの名前である「Steella dial」もあります。

2020年、ロレックスはこの「Steella dial」の技術をブランドの最も入門したシリーズ「牡蠣式恒動」に適用し、31、36、41ミリのサイズ、黄赤緑青粉の5色を発売しました。最も入門したシリーズですが、公価が高くないため、スポーツの人気があまり高くないです。逆に新商品のOPは二級市場の価格を刺激しました。

今年は牡蠣式恒動のSteella火災で、ティファニー色はプレミアムが一番高くて、36 mmのバージョンは43400元で、二級市場は三万円ぐらいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です