ハミルトン【アメリカ】


【ワンランク上の腕時計ならココ♪】ハミルトンは海外ブランドながら予算10万円くらいで買える上質な腕時計を取り揃えています。デザインは「シンプル・カジュアル・アクセ感覚」まで色々、その多彩なラインナップも魅力です。

ハミルトンって?

上質でコストパフォーマンスに優れた腕時計を取り揃えているアメリカ発の腕時計ブランド。カジュアル腕時計で人気の「カーキ フィールド」や三角形の「ベンチュラ」など、そのデザイン性も高く評価されています。

20代女性に人気の腕時計♪

ハミルトンレディース腕時計1

 【1位】ジャズマスター H32261115 

気品・落ち着き・クラス感といったイメージをコンセプトにした「シンプルイズベスト」な腕時計。
どんなシーンにも使え、小ぶりな27mm、ベーシックな30mm、大きめ34mmと3種類の大きさから選べるのもポイントです。

ハミルトンレディース腕時計2

 【2位】ジャズマスター H42221155 

知的で品格ある女性をイメージしたエレガントな腕時計。流行に左右されない洗練された飽きのこないデザインが支持されています。

ハミルトンレディース腕時計3

 【3位】バグリー H12351155 

曲線美を活かした上品でクラシカルな腕時計。オフィスカジュアルやシャツスタイルを知的に演出してくれる”大人”な腕時計です。

オンワード樫山


■トレンドも女性らしさも叶う「優秀ダウン」をラインナップ。
真冬の美人のためのラグジュアリーダウンが揃っている『オンワード樫山』は、日本を代表するレディースウェアメーカー。

防寒もしっかりしたいけれど、もさっと着ぶくれするなんてもってのほか…。オンワードならこの冬も、そんな悩みを解決する機能性も美しさも兼ねそなえた優秀ダウンコートが目白押しです。

オンワード樫山で人気のダウンコート

オンワード樫山ダウンコート1


これ欲しい♪85【23区 / ダウンコート】
イタリアの有名生地メーカー「リモンタ」社の、一見するとツイードに見えるジャガード織り柄生地を使ったダウンコート。
ウール見えなのにとても軽やかに着こなせ、落ち着いたグレーで大人っぽい冬スタイルに。


これ欲しい♪102【自由区 / ダウンコート】
首もとを優しく包みこむような衿、ウエストを細く絞った女性らしいシルエットは着るだけで女っぷりがUP。
インポート素材ならではの高級感もあり、上品なオトナの雰囲気をまとったダウンコートに仕上がっています。
自由区は30代後半~50代女性に向けたデイリーリュクスを提案するブランド。


オンワード樫山ダウンコート3


これ欲しい♪308【フェルゥ / ダウンコート】
着るだけで可愛く女性らしく、そして防寒性もばっちりなダウンコート。
着やせして見えるように工夫した作りで、裏地はフラワープリント生地を使って脱いでもフェミニンなデザイン。デートにも◎です。

エルメスの魅力が沢山つまったピンクカラーを解説

2

■エルメスの歴史とカラーバリエーション

ラグジュアリーブランドの象徴的存在であり、世界中の女性から愛され続けているエルメス。
その歴史は大変長く、1837年の創業以来180年以上にわたります。

そんなエルメスの魅力のひとつが多彩なカラーバリエーション。
現在までに登場したカラーはなんと200種類以上に及び、私たちを魅了し続けています。

今回はその中からピンクカラーについて、その種類と特徴をご紹介します。

■ピンクカラーの魅力

ピンクカラーは、身に付けた人に女性らしく、かわいい印象を持たせてくれます。
また濃淡や色味で、がらっと印象が変わり、時にはエレガントな雰囲気を演出させることもできます。

つまり、ピンクカラーの魅力とは、ポップからエレガントまで、様々な女性の魅力を引き立たせることが出来る”万能カラー”といえるのではないでしょうか。

■ピンクを取り入れたコーディネート

ピンクはその濃淡によって、まったく異なった印象を与えてくれます。
淡いピンクはホワイトやベージュ、パステルカラーと組み合わせることによって上品かつフェミニンに仕上げることができます。
また、濃いピンクにブラックやダークブラウン、ネイビーなどの濃色と合わせることによって”甘×辛”な雰囲気を演出することも可能ではないでしょうか。

■オススメのピンクカラー10選

ピンクカラーは幅広いラインナップがあり、非常に人気のカラーのひとつです。その中でもオススメのカラーについてご紹介していきます。

ROSE SAKURA(ローズ サクラ)
エルメス_バーキン

2015年ごろに登場したローズサクラ。発売当時は、エルメスにおけるピンクは非常に珍しく、以降のピンクカラーの人気を決定づけたカラーといえます。
満開の桜をイメージした淡いピンクカラーで、女性らしさを引き立たせてくれます。

ROSE CONFETTI(ローズ コンフェッティ)

ローズサクラを少し濃くしたような色味がローズコンフェッティです。
”コンフェッティ”とはフランス語で紙吹雪の意味を持ちます。結婚式やパレードをイメージさせる明るいカラーが特徴的です。

ROSE AZALEE(ローズ アザレ)

ローズアザレは淡いピンクカラーの中でも比較的発色が良く、ワンポイントアイテムにとても適しています。
アザレはフランス語で”ツツジの花(アザレア)”を意味します。

ROSE D’ETE(ローズ エテ)

2018年に登場したローズ エテ。
ローズコンフェッティとローズアザレの中間のような色味で上品なピンクが女性らしさを引き立たせます。

ROSE EXTREME(ローズ エクストリーム)
エルメス_ケリー

ビビットカラーの中でも人気が高く、赤みの強い綺麗なピンクカラーです。
キリっとした色味で、全体の雰囲気を引き締めてくれます。

ROSE TYRIEN(ローズ ティリアン)
エルメス_バーキン

2011年ごろに登場したローズ ティリアン。鮮やかな発色で思わず目を奪われてしまいそうなピンクカラーです。
発売当初は、”キャンディ バーキン”などバイカラーのバッグ等に使用され、斬新なアイテムとともに鮮烈な印象を与えた人気カラーです。
他のピンクカラーのアイテムとは違い、白いステッチが使われているのも特徴です。

ROSE POURPLE(ローズ パープル)
エルメス_コンスタンス

その名の通りパープルとピンクが合わさった発色の良いビビットカラーです。
パープルの色味が強くなることで、エレガントな雰囲気が強調されます。

ROSE MEXICO(ローズ メキシコ)
エルメス_バッグチャーム

2020年の秋冬で登場した新色。ローズパープルと似ていますすが、より赤みが強いピンクカラーです。
差し色として小物等に取り入れても、オススメです。

ROSE JAIPUR(ローズ ジャイプール)
エルメス_ピコタン

オレンジの色味が強いピンクカラーとなり、活発的な印象を与えてくれます。
ジャイプールは別名”Pink City”と呼ばれるインドの都市名を使用しています。

PINK(ピンク)
エルメス_バーキン

2010年頃に登場したカラー。革と同色のステッチを縫製するエルメスにおいては珍しく、茶色のステッチが特徴です。
エレガントでありつつ、どこかポップでガーリーな印象を与えてくれます。

■最後に

女性の魅力を最大限にまで引き立たせてくれるピンク。

エルメスであれば非常に多彩なカラーバリエーションの中から自分好みのカラーを選ぶことが出来ます。是非魅力的で豊富なカラーバリエーションをご覧ください。

12のものは、彼女のクリスマスお金で罠になりたいです

フルシーズンのセールシーズンでは、今を過ごす時間です


私は年を取ったように、私も少し実用的なお金で得た。私がそうでなければならない実用的でなく、しかし、実用的でない。私は私のクリスマスのお金のいくつかを保存したり、食料品や電車の切符のような大人のもののためにそれを使用する傾向があります。シャネルマルカ 買取休日のパーティーの店からの休日のパーティーを実行して、贈り物を与えるの休日シーズン後、自分に少しの楽しみは、今年を開始するのに最適な方法です!さらに良いことは、他の人のための買い物をしている間、あなたが自分のために注視していたアイテムの多くが現在発売中です。以下に、私はたった今誘っているアイテムの12を丸めました。

シャネル コート コピー CHANEL 上品  RECAP ツイードダブルコート ブラック P57660-V26446
品番:P57660-V26446
色:94305(ブラック)
素材:ツイード
タイプ:ダブルコート
ツイード素材でダブルボタン仕立てのコートのご紹介です。
ウエストから広がるフレアデザインが、女性らしく華やかな雰囲気を演出してくれます。
宇宙がテーマの秋冬コレクション! 
星空のプリントや宇宙飛行士モチーフ柄などが登場した
ランウェイコレクション。
シルバーラメやメタリック素材をシャネルらしいクラシカルなスタイルに
融合させた遊び心いっぱいのアイテムです。

■ヒール10mm
■カラー
ホワイト、マルチカラー
■素材その他
レザー、ファブリック
シャネルオリジナルボックス、カメリア、リボン
保存袋

伊勢丹でポップアップ開催 エルバス、「トッズ」とのコラボスニーカーを語る

東京・伊勢丹新宿本店1階ザ・ステージで10月9日から、ポップアップイベント「トッズ ハッピーモーメンツ バイ アルベール・エルバス(TOD’S HAPPY MOMENTS BY ALBER ELBAS)」がスタートする(15日まで)。このコラボレーションは7月に仏パリで披露され、世界の都市を巡回しているもので、「ランバン(LANVIN)」のアーティスティック・ディレクターを務めたアルベール・エルバスのハッピーな世界観が反映されたシューズやバッグを販売している。このコラボや「ランバン」を退任してからの活動についてエルバスに聞いた。

「トッズ」とコラボした感想は?

アルベール・エルバス(以下、エルバス):ディエゴ・デッラ・ヴァッレ(Diego Della Valle)=トッズ会長兼最高経営責任者をはじめ、トッズファミリーとのコラボはとても楽しかった。すてきなシューズを作るだけでなく、人に関する美しいストーリーを描くことができた。このコラボは単に製品のことだけではなく、人々を感動させる、またハッピーにさせるストーリーなんだ。私は人々をハッピーにするシューズを作りたかった。このコレクションはハッピーそのものを表している。

このコラボで楽しかったことと、難しかったことは?

スニーカーのデザインだよ。なぜって、市場はスニーカーであふれかえっていてこのコレクションでさらにスニーカーを提案するのは意味ないってディエゴに言ったんだけど、どうしてもと言われてデザインしたんだ。快適なソールはそのままに、上部にはモカシンをくっつけたんだ。「トッズ」のDNAと空気力学的なデザインを組み合わせてみた。「トッズ」の魂はそのままに形を変えたんだ。

洋服のデザインとバッグやシューズなどのアクセサリーのデザインの違いは?

ファッションは、単にドレスの前と後ろのことではない。それを着る女性のことだ。シューズは単なるシューズではなく全体のイメージを変えるものだ。そういう意味で髪型と同じようなもの。

“ハッピー モーメンツ”というコレクションだが、あなたの日常における幸せな時とは?

人生には少しでも幸せが必要。現代では、それは今まで以上に必要だ。でもいつも幸せでいられるとは限らない。幸せとはいつも大きな箱で運ばれてくるものではなく、滴のように小さなこともある。幸せな時が来たら、それがどんなに小さくても喜んで迎え入れ、大切にして覚えておくべき。それが私にとっての幸せな時だ。

「トッズ」や「コンバース(CONVERSE)」などとのコラボの他に何をしていたか?

「ランバン」を去ったときは、もうファッションには関わりたくないと思った。スケッチもしたくなかったし、素材にも触れたくなかった。気の向くままに世界を旅することにしたんだ。そして、ファッションがどのような方向に向かっているか、次のファッションは何かを知りたかったからマスタークラスを受けたよ。それ以上に、若い世代から学ぶという意味で教えたいと思った。「フレデリック マル(FREDERIC MALLE)」から香水を出して以降、絶え間なくさまざまなプロジェクトに携わっているよ。「トッズ」とのコラボが発表されたときには、SNSを通じて人々の興奮が伝わってきた。皆、私が仕事をしてないと心配していたみたいだね。

最近のファッションで面白いと思うブランドは?

さまざまな理由から面白いと思うファッションブランドはたくさんあるよ。まず創造性が感じられるものが好きだけど、需要だけでなく、着る人のために新鮮でよく考えられた製品もいいと思う。

あなたにとってモードとは?

モードとは関係性のこと。ここ数年感じているのは、ファッション業界では同じような人ばかりが集まってチームをつくるという大きな間違いを犯しているということ。年齢や性別、国籍などもっと多様性を持ったチームが必要だ。そうでないと、単なる独り言になってしまうから。モードには対話が必要。同じテーブルで話し合うことが大事。なぜならモードとは、自分とそれを着る女性との関係を示すものだから。

セリーヌの大人気ショルダーバッグ 「クラシックボックス」

セリーヌ(CELINE)はフランスに本店がある世界的名門ファッションブランドです。主に女性向けの服やバッグ、アクセサリーを展開していて、洗練された都会的なデザインが幅広い世代に愛されています。そんなセリーヌのバッグコレクションの中でも、シンプルでレトロな雰囲気あふれる「クラシックボックス(Classic box)」は、2011年に登場して以来ブランドを代表するアイテムの1つとして大人気!

今回はセリーヌ好きならおさえておきたい、クラシックボックスのデザインの特徴やサイズラインナップ、カラーや素材などをくわしくご紹介します。

セリーヌ(CELINE)と言えば、一つひとつが存在感を放ちながらもどんなスタイルにも合わせやすいシンプルなデザインのバッグが人気です。そんなバッグコレクションの中でもクラシックボックス(Classic box)は、コンパクトなシンプルショルダーバッグ。2011年に登場してからずっと、ブランドを代表するバッグの1つとして世界中で愛されています。

このクラシックボックスが人気なのは、シンプルを極めたデザインであること!上品な角の取れたスクウェアデザインで、デイリーユースはもちろん、オンオフ問わず活躍する万能さがあります。

ストラップは2段階に調整できるので、ハンドバッグのように短く持つこともできれば長く伸ばして肩掛けスタイルも楽しめますよ。また、ストラップを取り外せばクラッチバッグにもなる3つの使い方ができます。ミニマルな見た目ではありますが、中には毎日使うのに欠かせないスマホやコスメなど小物をしっかり収納できる機能性も持っているのも魅力の一つ。

ミニショルダーバッグといえば、シャネルのマトラッセが代表的ですが、セリーヌのクラシックボックスもまた、それに匹敵すると言える都会的な美しさがあるバッグです。

セリーヌのクラシックボックスは、20代後半からの大人の女性に人気です。クラシックボックスはフォーマルシーンにも活躍するからこそ、これまでがんばってきた自分へのご褒美としても人気のアイテム!フォーマルシーンにもふさわしく、シンプルなデザインは流行に左右されずどんなスタイルにもなじみます。

一度手にすれば長く使い続けられるアイテムですので、一生モノのバッグとしてコレクションに加えてみてはいかがでしょうか。

セリーヌのクラシックボックスはシンプルだからこそ、カジュアルもフォーマルも関係なく合わせやすい万能バッグです。海外のおしゃれセレブの間では、清潔感のあるホワイトパンツにブラックやブルーのダークトーンのクラシックボックスを合わせて、スタイルのメインアイテムにしている姿が撮影されています。

かっちりとした見た目はコンサバ系に合わせるイメージがありますが、実はシンプルなデニムやパーカーなどちょっとラフなスタイルに合わせても、大人の女性らしさが生まれますよ。

ここでは、クラシックボックスで展開する2つのサイズを容量やイメージとともにご紹介します。

スモールクラシックはコンパクトなクラシックボックスです。片手で気軽にボディを持てるサイズ感は、パーティーのドレススタイルに合わせやすいキュートな見た目!女性の必要最低限の荷物を収納して持ち歩けますよ。

ストラップを外しておけば、ほかのショルダーバッグに入れてセカンドバッグにするのもおすすめです。小さめだからこそ、上品な女性らしさをスタイルに演出できるコンパクトサイズです。

ミディアムサイズは長財布がしっかり収納できるサイズです。ストラップは上部がスライドすることで、2段階の調整ができる構造になっています。長めにすればななめ掛けもできるので、ショッピング帰りで両手がふさがっていても安心です。

中はセンターに仕切りがついているほか、ファスナー付きポケットもあるので収納力も抜群!財布のほかにスマホやハンカチ、小ぶりなカメラなどの荷物が収納できるので、これ1つで身軽に街に出かけられます。

セリーヌのクラシックボックスの素材は、適度にハリとツヤがある美しいボックスカーフが多く使われています。カーフにクロムなめしを施したことで、傷つきにくく丈夫さもプラスしたボックスカーフは、革が持つ本来の自然な風合いも感じられる素材!

そして使い込んでいるうちに経年変化も出てきて、色合いに深みが生まれます。光の当たり具合で細かいシボ加工が反射して、上質でなめらかなツヤの美しさが楽しめますよ。

人気カラーは、どんなシーンにもスタイルにも合うブラックが一番人気。次いでポピュラーなのはスタイリッシュなヌードカラーのベージュ。ほかにも充実のラインナップを展開しているので、きっとお気に入りが見つかりますよ。

ショルダー、ハンドバッグ、そしてクラッチバッグと3つの表情を楽しめるのがセリーヌのクラシックボックス。洗練されたシルエットはどんなトーンの洋服にもなじみやすく、気軽にスタイルアップできる上質なアイテムです。

一生モノのバッグとして、ぜひセリーヌのクラシックボックスで大人クラシカルを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ファッション業界の騒動を振り返る 企業・ブランドに求められる対応とは

2019年もデザインの模倣や労働環境問題など、さまざまトラブルが噴出し、訴訟に発展したケースも多かった。法令遵守の意識が高まる中、国内外でファッションローと呼ばれる法概念が浸透しようとしている。

日本初の解説書「ファッションロー」(勁草書房)によると、ファッションローとは、「ファッションデザイナーやファッション産業に関わる知的財産法、契約法、会社法、商法、不動産法、労働法、広告法、国際取引法、関税法等を含む法領域の総称」を指すという。範囲は広いが、最低限度の法知識を持つことは、職種を問わず円滑なビジネスのために必要だ。

そこで、2019年にの記事の中から、話題となったファッション業界の訴訟をまとめてみた。あわせて、SNSをにぎわせた疑惑の騒動の他、業界人をサポートする弁護士などの活動を紹介する。

SNSが発端となって訴訟や炎上騒動に発展することも少なくない。最近では、インフルエンサーの「ダイエット プラダ(Diet PRADA)」によるSNS上での指摘が追い討ちをかけ、「ドルチェ&ガッバーナ(DOLCE&GABBANA)」が中国市場を失いかねない事態に追い込まれたように、SNSの影響力は今やあなどれない。

上で見た通り、ファッション業界における訴訟や疑惑、炎上騒ぎは後を絶たない。一方でブランド側が、コピー商品が蔓延する現状を逆手に取ったマーケティングを行うこともある。“パロディー”も業界ではよく見る手法だ。

複雑な法解釈に頭を悩ませている業界人もいるのではないだろうか。そんな業界人に手を差し伸べるファッションローに精通した法律家を一部紹介したい。彼らは無料の法律相談を設けるなど、門戸を広く開いている。ファッションローを解説するイベントや弁護士らによる講習会など、現在では数多くのファッションロー関連イベントが企画されている。また、「WWDジャパン」は毎月、ファッションローを専門とする法律家を招く「ファッションロー相談所」を連載している。

オーバーオール メンズ 着こなし

もともとは作業着であり、一昔前にはかわいらしさを出しつつ体型を隠せる服としておデブの制服だった“オーバーオール”。今ではオシャレな男性に好まれるアイテムと変貌を遂げました。ちょっと間違えると子供っぽくなってしまう“オーバーオール”。今回は、大人の男にふさわしい着こなしを厳選して紹介していきます!!!

overall は全身を覆う形状をした作業着全般を指し、「つなぎ」の作業着なども含むが、日本語の「オーバーオール」は、 アメリカ英語: overall とほぼ同義であり、特に胸当てとサスペンダーの付いたズボン(bib and brace)を指す。フランス語: salopetteからサロペット(元来は吊り紐が背中で交差された衣服)とも呼ばれる。

元々は中に着ているトップスに汚れがつかないように作られた服だったが、現在では作業着はもちろん、子どもの遊び着やファッションとしても愛用されている。また肩から吊り、腹部を締め付けない構造のため、マタニティウェアに用いられることもある。

胸当てや腰周りに至るところにポケットがついているが、これらのほとんどは作業着として着る場合において作業の道具を入れるために作られたと言われている。例えば左腰の部分についている紐はハンマーフックと呼ばれ、ハンマーを入れて持ち運べるように作られており、右腰の部分についている縦長のポケットはスケールポケットと呼ばれ、定規を入れて持ち運べるように作られている。なお、サロペットは肩紐が背中で交差されたタイプ(クロス式)のものをいい、現在主流の背中の臀部から肩紐までが一体になっているタイプ(ハイバック式)をオーバーオールと呼ぶのが正しいと言われる。

夏の着こなしヒント満載

イタリアはフィレンツェの街を盛り上げる世界最大のメンズファッションブランド展示会「ピッティウオモ」。世界中から腕に自信アリな洒落者が集うことでも知られ、彼らの着こなしは参考になるものが多い。今回は2019年6月開催の「ピッティウオモ 96」にてキャッチした、注目のストリートスナップを紹介!

ジャケットはネイビー無地でシンプルにまとめながら、ジレとパンツに異なる柄デザインを配置して、新鮮な柄×柄のコーディネートを表現したのは、ピッティでのスナップ常連者として知られるダニエレ・ビアジョーリ氏。柄で存在感を演出しながら随所に無地アイテムを上手に配置することで、街馴染みの良いルックスに仕上げた絶妙なバランス感覚はぜひ参考にしたいところ。ネイビージャケットにグレーパンツというオーソドックスなジャケパンスタイルの、新たな可能性を見出したスタイリングセンスに脱帽だ。

ピエルイジ・ボリオリ氏はTHE GIGIの名作ZIGGYにスニーカーを合わせた十八番スタイルで参戦!
エレガントながらリラックスした新しいアイテムを提案することで、日本はもちろん本国イタリアでも高い人気を誇る「THE GIGI(ザ ジジ)」。そんなジジのオーナーであるピエルイジ・ボリオリ氏は、ブランドの名作ZIGGYのセットアップスーツにスニーカーを合わせたスタイリングを得意としている。ピッティウオモ96では清涼感のある淡いミントグリーンのZIGGYに、レトロな顔立ちがイマっぽいナイキのテイルウィンドを合わせて参戦。同じモデルを着用しながらも毎回新鮮な着こなしで我々を楽しませてくれるあたりは流石だ。

パジーニ氏は注目株の太ピッチストライプをジレ×スラックスのセットアップで取り入れ!
ストライプ柄がトレンドとして盛り上がりを見せる折、ピッティウオモでも多くの洒落者たちが取り入れている姿を確認できた。中でも太ピッチのストライプは特に注目株で、ガブリエレ・パジーニ氏もピッティ中の着こなしに採用。ピンストライプとペンシルストライプを組み合わせたような、変化球の柄が配されたジレ×スラックスのセットアップにネイビー無地のジャケットをミックスした着こなしは、まさにミックススタイルを得意とするパジーニ氏ならでは。G-SHOCK×BAPEのコラボアイテムをさりげなく加えたトリッキーな小物使いもさすがだ。

ブラウン×ホワイトによるラテ色の合わせで軽やかなコーデに上品さを醸す!
夏の大定番アイテムである白Tシャツを使ったラフなカジュアルコーデを上品見えさせるなら、下にブラウンパンツを合わせてラテ色にまとめるのが◎ブラウンによる渋い印象で大人っぽさが演出されるため、白Tシャツのカジュアル感もほどよく抑えられる。ピックアップした御仁は、光沢感のあるブラウンパンツで品をアピールした仕上がりに。現在盛り上がりを見せるコロニアルカラーによるブラウンでイマドキ感をまとえるのも魅力だ。

注目を集める黒使いはザンバルド氏も実践!チェック柄でしっかりとアクセントをつけて表情あるモノトーンコーデに
ブラック使ったコーディネートが注目を集める昨今。ピッティスナップの常連であり毎度数々のメディアから注目を集めるマルコ・ザンバルド氏も、黒をメインに据えた装いを披露していた。黒を主体でコーディネートを組みながらも、リネン製のテーラードジャケットでしっかりと清涼感を出して夏らしさはキープ。インナーはギンガムチェックのシャツを合わせることで、単調になりがちなモノトーンコーデもアクセントのついた表情ある印象に仕上がっている。

ブラウンスーツをダークトーンアイテムで引き締めたモダンなコーデ
百貨店でのオーダー数が好調だったり、各ブランドからの提案が多かったりと、今季とくに注目を集めている「ブラウンスーツ」。着こなしに取り入れるだけで、男の渋みと色気漂うムードを演出できる。そんなブラウンスーツをモダンにこなすなら、ダークトーンのアイテムを合わせるのがオススメ。アースカラー特有の土っぽさをシックに引き締めながら、コーデを新鮮な印象へと導いてくれる。

ワイドレッグのベイカーパンツでジャケパンスタイルを男らしく仕上げ
爽やかなネイビージャケットに組み合わせたのは、ルーズフィットでワーク感強めなベイカーパンツ。裾も太めにロールアップしてカジュアル度を高めつつ、足元にクッションをつくらないことで洗練されたシルエットに。迷彩柄で揃えたポケットチーフと首飾りで男らしいイメージを底上げしながら、ベイカーパンツの色味とリンクさせて精度の高いコーデに仕上げている。

軽快な雰囲気をキープしながら夏のシンプルコーデを刷新するならベストを羽織るのが◎
Tシャツ×スラックスを組み合わせたシンプルなスタイリングもアリだが、時として物足りないと感じる方も少なくないはず。そこでオススメなのが、ピッティ ウオモ会場に集う洒落者たちに多く取り入れられていたベスト。下で取り上げた御仁は、ミリタリー色の強い4ポケットが配されたベストを羽織ることで男らしさと個性をほどよく演出。サングラスやチロリアンシューズでラギッド感を後押しし、普遍的になりがちな夏コーデを巧みに刷新している。

ドレスダウンしたスーツスタイルにチェック柄シャツを腰巻きしてプレッピーなムードに
BEAMSのBrilla per il gustoを勇退し、シンガポールに拠点を移してドレスアイテムを提案していくという高田氏。スウェットとスニーカーでドレスダウンしたスーツスタイルに、チェック柄シャツを腰巻きしてプレッピーなムードを薫らせたコーデでお目見えした。ブラウンとホワイトの落ち着いた色味で構成した中に赤色が映え、スパイスとして功を奏している。

カジュアルなジャケパンコーデにグラデーションを組み込んでこなれ感たっぷりに!
アンコンスタイルを得意とするイタリアのブランドL.B.M.1911の柔らかなジャケットに白Tシャツを合わせて、エフォートレスなジャケットスタイルを表現。さらに、ダークネイビーのジャケットと明るいネイビーのスラックスを組み合わせることで、グラデーションを効かせてよりこなれた印象に仕上げている。カジュアルなジャケパンコーデの足元には革靴デザインのほどよく上品なスニーカーが似合う。

ベルトレスを取り入れて絶妙にエフォートレスなムードをまとったフランコ氏のスーツスタイル
ソリッドな印象のグレースーツに身を包んで参戦したピッティ ウオモ常連者のフランコ氏。一見するとシンプルなスーツスタイルだが、良く見るとベルトレスタイプをチョイスしておりエフォートレスなムードをまとっている。その時々のトレンドを活かしたドレススタイルを得意とする同氏ならではの着こなしに脱帽だ。

抜け感を演出した着こなしも襟付きアイテムを取り入れればやり過ぎ感なく仕上がる
ドレススタイルにおけるシャツはもちろんのこと、カジュアルコーデにおいても開襟シャツやポロシャツなど襟付きのアイテムを取り入れた着こなしが多く見受けられたピッティ ウオモ96。こちらの御仁は、ゆったりとした長袖のポロシャツをボタン全開けでスキッパーライクにこなして抜け感を演出。襟付きできちんと感がそもそも備わっているため、Too Muchに感じないのが嬉しい魅力だ。

ストイックなグレースーツコーデは、Vゾーンで華やぎを
ナポリの新星「ティト アレグレット」氏の最新ピッティコーデを紹介。ストイックなグレースーツを身に纏い、ロンドンストライプシャツ、小紋柄のタイをVゾーンにセットして、メリハリのあるVゾーンを表現している。良い意味で主張しない無地スーツは、Vゾーンで大胆に遊んでもサマになるポテンシャルの高さが魅力だ。いやらしさを出さずに、迫力や存在感をスーツスタイルに持たせたいとお考えの貴兄はぜひ、こんなコーデを参考にしてみてはいかがだろうか。

あえてベルトをしないことで夏コーデを抜け感たっぷりに!
ベルトレスパンツを着用した御仁が多く見られたピッティ ウオモ96だが、中にはあえてベルトを通さず太シルエットのパンツを穿きこなす洒落者の姿も散見された。昨今の潮流であるコンフォートな気分をまさに体現しており、自然とリラックスしたムードが漂う仕上がりに。Tシャツの袖・パンツの裾のロールアップやタックインしたこなしによってこなれ感を演出し、シンプルな組み合わせながらアンニュイさを感じさせないスタイリングにまとめている。

ネイビースーツコーデはほんのりトーンアップさせて夏顔に
ビジネスパーソンにとって欠かせない定番アイテムである「ネイビースーツ」。夏に取り入れるなら、濃紺よりもワントーンアップした青のスーツをチョイスしてみてはいかがだろうか。いつものスーツスタイルを、より清涼感&季節感溢れる印象に仕上げられる。ドレスアイテムのこなれた着こなしに定評のあるマルコ氏は、そんなブルーネイビースーツをノータイで取り入れ。白シャツの爽やかな雰囲気と絶妙にマッチした開放感のあるスタイリングにキマっている。

迷彩柄のオッドジレを差し込んでジャケパンコーデにヒネりをきかせる!
オリーブグリーンのブレザーの土っぽさをホワイトジーンズで払拭したジャケパンコーデ。インナーには迷彩柄で襟付きの個性的なオッドジレをレイヤードし、ヒネりのきいた仕上がりに。スタッズが打ち込まれた装飾性の高いキルトモンクシューズで只者じゃない感を漂わせている。

ダッド要素をふんだんに取り入れてモードライクにこなしたコーデ
ルーズフィットのTシャツとチノパンでボックスシルエットにまとめ、足元にチャンキーなルックスのダッドシューズを組み合わせてモードライクに。Tシャツをタックインして露わにした腰元には、幅広ベルトをセットしてダッド感をより強く打ち出している。そんなコーデながら野暮ったさがToo Muchに感じないのは、チノパンに配されたセンタークリースによって上品さが演出されているため。細部にまで配慮した抜け目ないスタイリングに仕上がっている。

柄シャツの遊び心をキレイ目に整えるパンツをチョイスしてコーデを格上げ!
リゾート気分やイマどきなアクセントをプラスできる反面、小僧な印象を与える恐れもある「柄シャツ」。大人っぽく着こなすなら、洗練されたシルエットのパンツで印象を整えるのがお約束だ。変にシワが出ない、身体に馴染むようなシルエットの無地パンツなら、トップスが派手でも下品な印象を相手に与える心配は無くなるハズ。こちらの御仁のように、スニーカーとトップスの色味をリンクさせれば、コーデの完成度はより一層高まること間違いなしだ。

アメトラ人気で注目を集めるブレザー。ダブルブレストならカジュアルなジャケパンコーデもシックかつエレガントに
アメトラ人気の流れで多くのブランドがブレザーを提案している今日この頃、ピッティウオモでもコーディネートに取り入れている御仁の姿が散見された。一口にブレザーと言ってもシングル・ダブルの違いによってもその印象は別物だ。トラッドでスポーティーなシングルタイプのブレザーに対して、ダブルのブレザーなら、Tシャツに白パンツを合わせたカジュアルなスタイリングもどこかシックでエレガントな雰囲気に。

頭のてっぺんからつま先まで、全てのアイテムを黒ベースで仕上げた洗練スタイルは、夏コーデをシックにキメる有効手段。さらに+αのスパイスをきかせるなら、ベルトに着目してみるのがオススメだ。下の御仁は、そんな黒コーデ+αの好例。腰元にヘロンプレストンのロングベルトをセットして、夏の日差しに映えるオレンジのスパイスをきかせている。「PULL」のタブが施されたバックルによるストリート感覚のアクセントも遊び心があって◎

ペールトーンやニュートラルカラーといった優しい色味がトレンドの今、夏らしさ満点の白パンツを穿けば季節感もイマっぽさも両得できるから嬉しい。加えて、トップスに合わせたアイテムのデザイン性を強調したいときにも使える名脇役だ。フィールド迷彩柄のシャツジャケットをチョイスした御仁のコーデもご覧の通り。夏コーデの爽やかさをキープしたまま、存在感バツグンに仕上がっているのがお分かりになるハズだ。

メンズコレ取材チームが好き勝手に語る2020年春夏レビュー

2020年春夏シーズンのメンズコレクションを取材する記者2人が、見たまま感じたままにコレクションをレビューします。先輩記者Mは15年間メンズコレクションを見続けてきたベテラン、後輩記者Oは取材歴3年目。時には甘く時には辛口に、それぞれの視点で最新コレクションを語り合います。

ミラノメンズ最終日の「フェンディ(FENDI)」は、朝イチの公園が気持ちよかったね。お土産のバスケットに詰まったパンも美味しかった。朝ゴハンで、パン3つも食べたのに(笑)。

朝からすごい食べますね(笑)。僕はパッキングがギリギリになってしまって朝食を食べられなかったのでめっちゃ助かりました。アテンドするスタッフも全員つなぎを着ていてかわいかった。「フェンディ」は毎シーズン大掛かりなセットを組んだり、ゲストを呼んだりと“バズる”演出で楽しませてくれていたので、今回は意外なロケーションでした。

2020年春夏は、ガーデニング男子を思い描いたんだって。ということで、ショー会場は屋外の公園。ファーストルックもつなぎだったね。ブランドにとってアイコニックなストライプ“ペカン”のバスケットに、“FF”ロゴのガーデニングブーツの組み合わせ。このブーツは、日本のシューズメーカー、ムーンスターとのコラボレーション。ヴァルカナイズ製法のブーツなんだって。野暮ったいデニムとか、異素材を組み合わせたドンキージャケットにカーゴパンツなど、休日の気取らないスタイルに可愛らしさを潜めていて、心に染み入りました。ハッとするんじゃなくって、ジンワリするカンジ(笑)。

へぇームーンスターとのコラボですか。でも何だか納得です。それとほとんど全てのアイテムがブラウンやカーキ系のアースカラーだったのも印象的でした。アースカラーってつい重たくなりがちですけど、シアー素材のジャケットやコート、優しいタッチのボタニカル柄が軽やかで、見ているだけでも気持ちよかったです。今シーズンは環境問題と向き合う姿勢をコレクションで表現するデザイナーがすごく多いですが、「フェンディ」も「自然と共に生きていこう」というメッセージが感じられました。

たしかに再生ポリエステルやウールを使った「エルメネジルド ゼニア(ERMENEGILDO ZEGNA)」や、過去のコレクションをRe-Coup(回収)、Re-Cycle(再利用)した「マルニ(MARNI)」、ポジティブに生きることを訴えた「ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)」を筆頭に、地球環境に向き合ったブランドが多いよね。ポイントは、シリアスな問題をどれだけ“自分ごと化”させて、頭で理解するのではなく、心で共感するメッセージに変えられるか?ということ。今シーズン、デザイナーはその技量が試された気がします。みんな地球がヤバくて、ファッションが負荷をかけていることは分かっているけど、だからって堅苦しい洋服、ハッピーじゃない洋服、ガマンを強いられるは着たくない。多少高くてもいいから、難しい問題を“自分ごと化”している、共感できる洋服に袖を通したい。そんな風に思い始めた中で、それをどうやって成し遂げるか?これが今シーズンのミラノメンズの優劣を決めたよね。その意味で「フェンディ」は、“ほっこり”ガーデニングっていう、誰もが“自分ごと化”できて共感できる角度から地球のことを考えた。ミラノメンズの「勝ち組」だね。

派手にランウエイショーを行っているだけではなく、スーツが主軸の「コルネリアーニ(CORNELIANI)」も展示会で天然素材と染料を使用したサステイナビリティーを意識した若々しいスタイルの新ラインを発表していましたし、ファッション業界全体が真剣に考えようとしているのは間違いありませんね。でも、やっぱりMさんの言う“自分ごと化”できるかという視点で見ると、「フェンディ」が個人的に一番すんなり入ってきました。服以外でも、バスケット型のバッグや巨大ジョウロなどの小物類もキャッチーでかわいかったです。

ジョウロは売らないと思うけどね(笑)。アクセサリーでは、メンズサイズでちょっと大きな“バゲット”が出てきたね。小さなスクエアバッグからビッグトートまで、素材も雑材からファーの編み込みまでバリエーション豊か。個人的には、FFロゴをエンボスしたスエードのハイカットスニーカーがオトナっぽくて好きでした。

僕は小物だとボタニカル柄のトートバッグが素敵だなと思いました。それとジャケットにひざ丈のロングシャツを合わせていたルックも好きでした。テーラリングがベースなんですけど、の力が抜けてとてもきれいだったので真似してみたいです。1月の2019-20年秋冬コレクションではこういう新しいフォーマルを提案するブランドがたくさんありましたけど、20年春夏のミラノメンズはまだまだストリートが強い印象でした。パリメンズではどんなスタイルが出てくるのか今から楽しみです!